special

Dr.タウチのMM通信


【第11回】アイテムの話(Part2)

さて、ご好評をいただいている「新MM通信」も、残すところあと2回となりました。
今回は、第6回「アイテムの話」の続編、Part2をやりましょう。
Part1では、『MM2R』に存在したアイテムが『MM4』でどのように変化したかを解説しました。
そこで、今回は『MM4』で初登場したアイテムについて解説していきます。


『MM3』のキャノンボックスに『MM2R』の無双ドライブ。独特な特性があった。

『メタルマックス』というゲームは、『MM3』以降“特性”が重要となったゲームだと言えます。
たとえば『MM3』では、ラッシュ系に代表されるCユニットやシャシーの特性システムが導入されました。
あるいは『MM2R』では、エンジン用の特性が導入され、ゲーム性がより深まりました。

では、最新作『メタルマックス4 月光のディーヴァ』(以下、『MM4』)では、どういう特性がどのような経緯で、追加されたでしょうか。

攻撃用の特性は、次のように進化してきました。

・『MM3』でラッシュ系=複数の兵器の同時発射による攻撃
・『MM2R』でストライク系=穴1の兵器の連射回数増加による攻撃

となれば『MM4』ではラッシュ系でもなく、ストライク系でもない、独自の特性を追加したい。
けれど、それは簡単なことではありません。
アイデアはいろいろ思いつくのですが、どれも強烈すぎるのです。
それゆえに没にしたアイデアは少なくありません。
多少の強烈さは大目に見て採用とするか、それとも『MM4』では新しい攻撃用特性の追加をあきらめるか……。

そんなとき、ふと、アイデアの神様が微笑んでくれました。
「そうだ! メリットが大き過ぎるなら、その分デメリットも与えればいいぜよ!」

ハイリスク・ハイリターンというやつです。
そのためのデメリットも、すぐに思いつきました。兵器の破損です。
使用するたびに、兵器が少しずつ破損するのです。

そして、新たに追加されたアイテムがCユニットの「ハカイシン」です。

【ハカイシン】


命中率:15% 守備力:70 回避率:0% 重さ:8.00t 特性:ブレイクショット

◆以下、クルマ装備の数値は、レアリティの☆なし、未改造のものです。
 画像のアイテムは、☆によって数値が変化している場合があります。

注目すべきは、もちろん特性「ブレイクショット」です。
ブレイクショットとは、その兵器が大破するか弾切れを起こすまで発射し続ける攻撃です。
もし、弾倉が99発なら、99連発も夢ではありません。
弾倉が無限の兵器なら、モンスターを倒すまで攻撃し続けるかもしれないのです!
ただし、ブレイクショットで弾を撃つと兵器自体がダメージを受けるので、守備力が弱いとあっという間に大破してしまいます。
けれど、もし兵器の守備力が十分に高ければ、夢の99連発は現実味を帯びるのです。
いままで兵器の守備力アップの効果は、あまりはっきりしませんでしたが、このブレイクショットが『MM4』から加わったことにより、改造の幅がさらに広がりました。

ハカイシンのほかに、次のようなアイテムもあります。

【パワーストーン】


命中率:20% 守備力:90  回避率:0% 重さ:7.00t 特性:パワーショット
※パワーショット:穴1に装備している兵器の攻撃力を2倍にする。ただし、兵器に破損ダメージが蓄積する。

【オーバーワーカー】


命中率:15% 守備力:50  回避率:0% 重さ:4.00t 特性:オーバーショット
※オーバーショット:穴1の兵器で会心の一発を80%の確率で発生させる。
ただし、兵器に破損ダメージが蓄積する。

これ以外にも、特技でいうところの「全門発射」や「電光石火」と同等の効果をもつCユニットが存在します。
とても強力なCユニットですが、パーツ破損というデメリットもあるのです。
これらをどう使いこなすかは、ユーザーの腕次第、というところでしょうか。

ちなみにですが、『MM2R』で最大100連撃できる“穴1特化型”という戦法を生み出した、バケモノのようなCユニットもあります。
その名も「電撃的アミーゴ」。

【電撃的アミーゴ】


命中率:10% 守備力:60  回避率:5% 重さ:5.50t 特性:トリプルストライク
※トリプルストライク:穴1の兵器の連射回数を2回増やす。

このCユニットがバケモノになった原因は、トリプルストライクという特性にあります。
穴1に装備された兵器が単発の場合、電撃的アミーゴのトリプルストライクで連射回数が2回増えるので、3回攻撃となります。
シャシーを「ダブルCユニット」に改造して、電撃的アミーゴを2つ装備してみてください。
なんと、もともとの一発+2連射+2連射=5連射となるのです!
これを5回攻撃できるS-Eに運用し、さらに最大4連射が可能な特技「電光石火」を最大限に強化して併用すれば……。
(S-E1発の攻撃が5連射に増加)×(S-Eは5発撃てる)×(電光石火でさらに4連射)=100連撃の出来上がりです!

しかし、この電撃的アミーゴというCユニットは、『MM4』ではダウンロードコンテンツを利用しないかぎり、入手できません。
なぜ、そのようにしたのでしょうか?

「威力が強力すぎる」というのも要因のひとつですが、このCユニットの最強ぶりを『MM2R』のころから知っているユーザーが、電撃的アミーゴを入手することを目指して同じことを繰り返す(これを“最強テンプレ”といいます)のを避けたかったからです。
ただ、どうしてもあの「100連撃をもう一度やりたい!」というユーザーがいることも考慮し、ダウンロードコンテンツとして残すことにしたのです。

そして『MM4』では、通常入手が可能なCユニットでも、100連撃ができる方法を用意してあります。
それがこちら!

【キャプテン66】


命中率:13% 守備力:66 回避率:13% 重さ:6.66t 特性:シックスセンス
 ※シックスセンス:穴6の兵器の連射回数を2回増やす。

『MM4』では、6つ目の穴を開けることができます。
キャプテン66は、穴6に対応したCユニットです。
しかも、シックスセンスという特性は、電撃的アミーゴのトリプルストライクとほぼ同じ効果!

ただ、穴6を開けるとダブルCユニットにできません。
ということは、キャプテン66を2台クルマに搭載できないので、3連射しかできないのでしょうか?
その心配は無用です。
『MM4』では、穴6のように、『MM2R』のときになかったシステムがあります。
それは「Cユニットの特性追加」!
なんと、Cユニットの特性は、最大3つまで増やせるのです。

この方法を使うと、ダブルCユニットにしなくても、キャプテン66の特性のシックスセンスを2つにできます。
これで、5連射が可能になるわけです。
穴6に5回攻撃できる兵器を取りつけ、Cユニットにはシックスセンスの特性を2つにしたキャプテン66を搭載する。
さらに特技の電光石火を併用すれば、電撃的アミーゴと同じ5×5×4=100連撃のできあがりです!

『MM4』では、これを最強テンプレのひとつとして皆さんに見つけてほしいと思って、用意しました。
どうですか、気づいてくださったでしょうか?
まだ試していない方は、ぜひ試してみてくださいね。

キャプテン66でも触れましたが、『MM4』ではCユニットの特性を最大3つまで増やせます。
このシステムにより、おもしろいCユニットが登場しているので、それを紹介しましょう。

【ラッシュアワー】


命中率:8% 守備力:88 回避率:8% 重さ:8.88t 
特性:キャノンラッシュ、バルカンラッシュ、S-Eラッシュ
※キャノンラッシュ:装備している大砲を連続発射できる。
※バルカンラッシュ:装備している機銃を連続発射できる。
※S-Eラッシュ:装備しているS-Eを連続発射できる。

【ドクターK】


命中率:19% 守備力:60 回避率:0% 重さ:5.94t
特性:会心の一発、会心の一発、会心の一発
※会心の一発:穴1の兵器の会心の一発の確率を2倍にする。
同じ特性が複数ある場合、効果は重複される。ただし、会心の一発の最大発生確率は60%まで。

どちらも『MM2R』から存在する特性をもっています。
ただ、ラッシュアワーはラッシュ系の特性が3つ、ドクターKなら会心の一発がなんと3つもついています。
ほかのCユニットとはまったく異なり、特性に特徴があるのがおわかりでしょうか?
このように、新しいシステムが新たなアイテムを生むこともあるのです。
そして、当然のように新しい特性は、新アイテムを生み出します。
次に紹介するのは、その一例です。

新しい特性のアイデアが生まれるときには、いくつかのパターンがあります。
ひとつは、その特性自体をダイレクトに思いつく場合。
もうひとつは、ある目的をもって生み出される場合。

例えば『MM4』には“サポート系”と呼ばれる特性があります。
これは、強力な“ストライク系”に対し、“ラッシュ系”を強化させることを目的として作られたものです。

【ティンパニー】


命中率:8% 守備力:55 回避率:8% 重さ:0.95t 特性:キャノンサポート
※キャノンサポート:大砲の攻撃力を30%アップさせる。

【ドラムローラー】


命中率:8% 守備力:55 回避率:8% 重さ:0.95t 特性:バルカンサポート
※バルカンサポート:機銃の攻撃力を45%アップさせる。

【タンバリン】


命中率:8% 守備力:55 回避率:8% 重さ:0.95t 特性:S-Eサポート
※S-Eサポート:S-Eの攻撃力を20%アップさせる。

これらサポート系とラッシュ系のCユニットの特性を併用させれば、『MM2R』よりも強力なラッシュ攻撃ができるはず。

ほか、『MM4』では攻撃には直接関係のないCユニットの特性も追加しました。

【メタルグル】


命中率:5% 守備力:55 回避率:5% 重さ:5.00t 特性:エンジン補助
※エンジン補助:メインエンジンの積載量を25%アップさせる。

これは、エンジンの積載量をアップさせることが目的のCユニットですね。
アホエンジンやサウルスエンジンのように積載量が多いエンジンと併用すると、その威力を最大限に発揮できるでしょう。

ほかに、エンジン用の特性も新しく追加しているので、いくつか紹介します。

【シンクロタービン】


積載量:68.00t 守備力:60 重さ:0.30t 特性:シンクロボーナス
※シンクロボーナス:サブエンジンに装備するとメインエンジンと同じ積載量になる。

これもメタルグルのように、積載量の多いエンジンと併用すると、膨大な積載量を得られます。
たとえば、無双ドライブのように、メインにしか装備できないエンジンと併用してみてください。
擬似的にサブエンジンに無双ドライブを装備したような効果が得られますよ。

【朱雀ジェット】


積載量:55.00t 守備力:60 重さ:0.75t 特性:サブボーナス
※サブボーナス:メインエンジンに装備するとサブエンジンの積載量もアップする。

サブエンジンの定番「アシストターボ」のメインエンジン版です。
※アシストターボ:メインエンジンの積載量をアップするアシストボーナスをもつエンジン。
サブボーナスの特性はアシストターボとは逆で、サブエンジンの積載量をアップしてくれます。
朱雀ジェットのサブボーナスのほうが積載量は大きくなるので、うまく運用すればアシストターボよりも強力です。

では、ここでちょっと小ネタを。



『MM3』の玄武タービン、『MM2R』に登場する白虎アクセルに青龍ロケット。

『メタルマックス』シリーズでは、四神の名をもつエンジンが登場しています。
『MM3』の「玄武タービン」。
『MM2R』では「白虎アクセル」に「青龍ロケット」。
そして『MM4』でついに「朱雀ジェット」が登場し、四神が揃いました。

じつは、『MM4』ではもうひとつ、神の名をもつエンジンが登場しているんですよ。
東西南北の守護獣の四神に対して、中央を守るとされる神、黄竜。
そう、「黄竜ブースター」です。

【黄竜ブースター】


積載量:74.00t 守備力:100 重さ:1.00t 特性:四神ボーナス
※四神ボーナス:サブエンジンンに四神エンジンがある場合、積載量が80%アップする。

どうですか? このエンジンを手に入れることができたら、ぜひ四神エンジンのどれかと一緒に使ってみてほしいですね。

エンジンやCユニットなどのクルマ装備の特性の中には、非常に変わったものもあります。
例えば、次のアイテムの特性などです。

【バイオブレイン】


命中率:12% 守備力:75 回避率:12% 重さ:0.30t 特性:バイオサポート
※バイオサポート:バイオタンクが装備する兵器の攻撃性能を向上させる。

【バイオエンジン】


積載量:28.00t 守備力:60 重さ:1.00t 特性:バイオボーナス
※バイオボーナス:バイオタンクが装備すると積載量がアップする。

どちらもバイオタンクに関連する特性をもつアイテムです。
じつは、このアイテムの効果は装備したバイオタンクのレベルによって変化し、高くなるほど特性の効果も増えるのです。
バイオタンクのレベルが低いときに装備して、効果が小さいからとトランクルーム送りにしていませんか?
もし、バイオタンクのレベルが上がっているのなら、トランクルームから引っ張り出して、もう一度装備してみてほしいですね。

ところで、『MM3』や『MM2R』では、種類の少ないアイテムがいくつかあります。
『MM4』では、それらのうちいくつかを補填しました。

例えば、冷凍系の兵器。

【フリーズバースト】(大砲)


攻撃力:475 守備力:70 範囲:2連射 重さ:7.50t 弾倉:∞ 攻撃特性:冷凍弾

【フリーズレーザー】(機銃)


攻撃力:520 守備力:75 範囲:敵全体 重さ:8.88t 弾倉:∞ 攻撃特性:冷凍光線

【フリーズパッケージ】(S-E)


攻撃力:525 守備力:45 範囲:円範囲内4体 重さ:0.85t 弾倉:42 攻撃特性:冷凍弾
◆「攻撃特性」の項目は、ゲーム上では表示されません。

各カテゴリーに冷凍系の兵器をひとつずつ追加しています。
冷気に弱いモンスターに使ってほしいのですが、そうでなくてもけっこう使える兵器です。

ガス系兵器も『MM4』では追加しています。

【ポイズンギドラ】(大砲)


攻撃力:800 守備力:100 範囲:4連射 重さ:25.00t 弾倉:24 攻撃特性:ガス弾

【スモッグブリンガー】(機銃)


攻撃力:666 守備力:66 範囲:敵全体 重さ:6.66t 弾倉:∞ 攻撃特性:ガス弾

【六頭毒蛇】(S-E)


攻撃力:666 守備力:60 範囲:円範囲内6体 重さ:8.00t 弾倉:16 攻撃特性:ガス弾
◆「攻撃特性」の項目は、ゲーム上では表示されません。

どれも破格の性能になっています。
ガス系の攻撃は、機械系モンスターにダメージを与えられないので敬遠されがちですが、じつはほとんどの生物系モンスターがガス攻撃に弱かったりするんです。
生物系モンスターで苦戦しているときには、ガス系の兵器の使用を検討してみてください。

次に、対空兵器を紹介します。

【流星砲】(大砲)


攻撃力:575 守備力:60 範囲:2連射  重さ:6.00t 弾倉:28 攻撃特性:対空

【トライアロー】(機銃)


攻撃力:280 守備力:70 範囲:3連射  重さ:1.50t 弾倉:∞ 攻撃特性:対空

【スカイピラニア】(S-E)


攻撃力:480 守備力:48 範囲:円範囲内4体 弾倉:48 重さ:4.80t 攻撃特性:対空てっこう弾
※対空:空中にいる敵にとくに有効。
※対空てっこう弾:空中にいる敵に対してパーツを破壊しやすい弾を発射できる。
会心の一撃が出る確率も高い。
◆「攻撃特性」の項目は、ゲーム上では表示されません。

これまで、対空能力のある兵器はほとんど存在しなかったので、追加しました。
対空兵器を装備すれば、普通のクルマも対空戦車になれてしまうのです。
飛行系モンスターを連続で撃ち落とせるように、連射系が多くなっています。

さて、ここで開発秘話をひとつ披露しましょう。
「スカイピラニア」のパラメータに注目してみてください。
ほとんどのパラメータが“48”になっています。
じつは、開発中のスカイピラニアのアイテム名は「フライングゲット」だったのです。
なぜそれで“48”なのか、説明しなくてもわかってくれますよね?
それはともかく、開発中のスカイピラニアの攻撃範囲は、ほかの対空系兵器と同じように連射系兵器で、4連射でした。
しかし、4連射だと1体の敵に攻撃するだけなので、群れで獲物に喰らいつくピラニアの印象とはちょっと違いますよね?
そこで複数の弾が同時に発射できるように、攻撃範囲を円範囲内4体としたわけです。
これで、あのピラニアのイメージに近づけたかと思います。
ちなみに、スカイピラニアの特性は、対空能力のあるてっこう弾です。
性能もあの『MM2R』の最強兵器「シーハンター」に近く、海のシーハンターに対して、こちらは“空のシーハンター”と呼べそうです。

えーと……ほかに言い忘れていることはなかったかな?

あ、そうそう『MM4』では以前あった特殊砲弾のシステムをなくしました。
その代わりに、ゲーム内では表示されませんが、攻撃特性として特殊砲弾を撃てる兵器を増やしたんですね。
先に説明した冷凍系兵器やガス兵器もその一例です。
いろいろと特殊砲弾を撃てるアイテムを考えているときに、ふと、おもしろいことを思いつきました。

「不発弾を撃つ兵器があってもいいのでは!?」

そんなわけで、次のような兵器も作りました。

【スクラップ砲】(大砲)


攻撃力:333 守備力:33 範囲:3連射 重さ:3.33t 弾倉:33 攻撃特性:不発弾

【ジャンキーダディ】(機銃)


攻撃力:240 守備力:55 範囲:5連射 重さ:1.95t 弾倉:∞ 攻撃特性:不発弾

【レインボウボマー】(S-E)


攻撃力:500 守備力:120 範囲:円範囲内4体 重さ:4.20t 弾倉:48 攻撃特性:不発弾
◆「攻撃特性」の項目は、ゲーム上では表示されません。

攻撃特性の不発弾というのは、撃ってみるまでどんな特殊砲弾が出るか、わかりません。
てっこう弾だったり、毒ガス弾だったり、ナパーム弾だったり、本当にただの不発弾だったり……。
それが楽しかったりするので、戦力に余裕のあるときに試してみるといいでしょう。

ちなみに、これらの兵器はみなパターンアイテムといって、お店で買うことのできるのですが、3つのうち、どれかひとつしか買うことができません。
どれが売られているかは、ユーザーごとに違うのです。
周回時には別のパターンアイテムに変化するので、どうか頑張って3周して、すべてのアイテムを手に入れてほしいですね。
兵器図鑑コンプリートを目指すなら、ぜひチャレンジを!

それから『MM4』では、いままでにない変わったS-Eを追加しています。
それが、これ!

【外付けハルク】(S-E)


攻撃力:0 守備力:80 攻撃範囲:クルマ本体 重さ:5.00t 弾倉:∞ 

パラメータだけ見ると「なんじゃこりゃ?」なアイテムですよね。
じつはこのアイテム、S-Eなのに装備すると積載量が10tもアップするんです。
自重が5tなので、差し引き5tのアップ。
しかも、超改造でレアリティをアップさせれば、☆ひとつにつき1t積載量が増える。
ということは、頑張って☆7にすれば、積載量は12t増えることになります。
穴1特化用戦車で、もしも他の穴が余っていればS-E用の穴にして、この外付けハルクを装備してみてください。
ひとつだと5tしか増えませんが、4つ積めば20t近い積載量の増加が見込めるのです!

最後に、『MM4』の最強クラスのエンジンのひとつをご紹介しましょう。

【炎神】


積載量:88.88t 守備力:88 重さ:0.08t 特性:ツインボーナス
※ツインボーナス:同じエンジンを2つ装備すれば積載量のボーナスが得られる。

積載量が88t超えのツインエンジンですよ!
なかには、すでに手に入れたというプレイヤーさんもいると思いますが、このエンジンはそう簡単に入手できません。
おそらく全アイテム中で、もっとも入手困難なものでしょう。

『MM4』でトランスゴンというモンスターは戦闘中にケルベローダーに変身する場合があります。ケルベローダーの状態で倒すと、たった2%の確率ですが、この「炎神」を落とすんです!


北の工場地帯(工場エリア)付近に出現するトランスゴンが変形する姿のひとつ、ケルベローダー。
コイツを倒せば、炎神が手に入る……かも!?!

非常に強力なエンジンなので、粘ってふたつ入手する価値はあると思いますよ。
その際には、アイテムの入手確率を上げる特技「宝の匂い」を取得し、最終段階まで強化することを忘れずに。

いや~、今回もめっそ長かった!
『メタルマックス』にはとても大量のアイテムが用意されています。
「アイテムの話 (Part1)」「(Part2)」では、クルマ用アイテムの話(それもごく一部!)をするだけで精一杯でした。
まだまだ紹介したいアイテムはあるのですが、とりあえずはここまで。
いつか機会をいただければ、そのときにまたお話ししましょう。

では、ここで11回目の合い言葉です。

「メタルマックスは、絶対オモシロイ……ぜよ!!!」

■今回の土佐弁

いごっそう……快男児、酒豪、頑固で気骨のある男などを意味する
めっそ……たいへん、とても
~ぜよ……~だよ、~ですよ
PAGE TOP